オサマは、ビンラディン一族にも支援されてきた

(ぬりつぶされた真実 幻冬舎から抜粋)

オサマ・ビンラディンは、1994年にサウジ国籍を剥奪されます。

だがビンラディン一族は、その後も秘かにオサマとの関係を続けました。

オサマの実姉は、9.11事件の後にこう告白しています。

「ビンラディン一族の54人のメンバーは、彼との関係を保ってきた」

オサマは、1991年にスーダンのハルツームに移住します。

オサマは1997年のCNNのインタビューで、
「私の母・叔父・兄弟たちは、ハルツームに9回も私を訪ねてきた」と明かしている。

アメリカ当局によれば、オサマの義兄弟のムハンマド・ハリーファは、アルカイダの資金調達を担当してきた。

元CIAのヴィンセント・カニストラーロは、「ムハンマド・ハリーファは、アデン・イスラム部隊に資金提供をしていた疑いがある」と言う。

この部隊は、2000年10月にイエメンのアデン港でアメリカ駆逐艦USSコール号を爆破した事件で、犯行声明を出しています。

オサマの兄弟であるマフルース・ビンラディンは、1979年にあった『メッカの大モスク占拠事件』に参加した人物です。

マフルースは、当時サウジアラビアに亡命していた「シリアのムスリム同胞団」と友情を結んでいた。

このムスリム同胞団の数百名が大モスクを占拠し、「西洋の凡庸な模倣であるサウジ政権には、合法性はない」と抗議した。

この事件は2週間後には鎮圧されて、占拠したメンバーはすべて処刑されました。

だがマフルースだけは釈放された。ビンラディン家の者だったからです。

サウジの諜報機関は、「大モスクの建設に関わったビンラディン一族だけが、治安部隊の裏をかける現場の図面を持っていた」と明らかにしている。

マフルース、現在はビンラディン・グループのメディーナ支部を率いています。

ビンラディン一族は、「オックスフォード・トラスト・フォー・イスラミック・スタディーズ」に、巨額の寄付を毎年しています。

この団体は、オサマのテロ組織網の一部と見なされている「IIROのロンドン支部」と同じ住所に、本部を設置している。

(2014年8月6日に作成)


オサマ・ビンラディンについて 目次に戻る