アメリカが支配してきたパナマで、独立の動きが起きるC
違法な侵攻でノリエガを逮捕・連行する

(エコノミック・ヒットマン ジョン・パーキンス著から抜粋)

オマール・トリホスがアメリカに暗殺されると、マヌエル・ノリエガが軍の最高司令官を継いだ。

彼は、当初は貧しい人々のために努力していた。

ノリエガの最重要プロジェクトの1つは、『新パナマ運河の建設』であり、その資金調達と建設には日本があたる事になっていた。

ノリエガは、こう書いている。

「 レーガン政権の国務長官ジョージ・シュルツは、ベクテル社の元重役だ。

  国防長官キャスパー・ワインバーガーは、ベクテル社の副社長だった。

  ベクテル社は、新運河建設がもたらす何十億ドルもの収益を望んでいた(自分たちが
  建設工事を受注するのを望んでいた)。 」

しかしノリエガは、トリホスほどのカリスマ性も高潔さも備えてなかった。

やがて、汚職や麻薬取引の噂が広がった。

ノリエガは、アメリカCIAと連携する情報機関である『パナマ国防軍G2部隊』を率いる
大佐として評判を上げた人物だ。

その立場を背景に、CIA長官ウィリアム・ケーシーと親交を深めていった。

CIAは、ノリエガを利用して作戦を進めた。

例えば、1983年のグレナダ侵攻では、カストロに事前に警告をする役をノリエガに頼んだ。

CIAがコロンビアの麻薬カルテルに潜入した時も、ノリエガは手を貸した。

1984年までに、ノリエガは将軍に昇進し、パナマ国防軍のトップとなった。

この年にパナマシティを訪問したケーシーは、空港に出迎えた現地のCIAトップに開口一番「あいつはどこだ? ノリエガは?」と聞き、親密さをうかがわせた。

ノリエガがワシントンを訪れた折には、ケーシーの自宅を訪れている。

ノリエガは、「CIAはアメリカ政府で最大の権力を持っている」と信じていた。

だから、CIAと仲良くすれば自分を守ってくれると確信していた。

ノリエガの悪評判は、1986年6月12日にニューヨーク・タイムズが「パナマの独裁者、麻薬密売で金儲けか」という記事を1面に載せると、決定的になった。

この記事は、「ノリエガ将軍は、アメリカとキューバの両方の手先となる二重スパイであり、G2に政敵のウーゴ・スパダフォラを斬首させ、パナマの麻薬取引を牛耳っている」と報じた。

ノリエガが米州学校のパナマ設置について、15年間の延長を拒否した時、彼の状況はいよいよ深刻になった。

ノリエガはこう語っている。

「 我々にとって、米州学校は悩みの種だった。

  我々の土地に、決死部隊の訓練場や高圧的な右派の軍隊など、置きたくなかった。 」

1989年12月20日に、アメリカ軍は「第二次大戦以来で最大規模」といわれる
都市空爆を、パナマに行った。

多くの市民が、いわれのない攻撃を受けた。

世界中の国が、「国際法への違反だ」と非難した。

パナマは、アメリカになんの脅威も与えてなかった。

アメリカ支配層の思惑を、果敢に無視しただけだった。

ノリエガは、こう語っている。

「 アメリカが1986年に発動し、89年のパナマ侵攻で終わった政権打倒の
  キャンペーンは、パナマ運河の支配権をパナマが持つことをアメリカが拒否した
  結果だった。

  (レーガン政権の閣僚だった)シュルツとワインバーガーは、大衆が無知なのを
  いいことに、私を打ち落とすプロパガンダ作戦を練り上げた。 」

アメリカが攻撃を正当化した理由の根拠は、ただ1人の男の存在(ノリエガ)だった。

それを根拠に、軍隊を送り込んで多くの人命を奪った。

攻撃を正当化するために、ノリエガは「邪悪な者」「麻薬取引をする怪物」などと性格づけされたのだ。

この侵攻のおぞましさに、私は何日もうつ状態に陥った。

知れば知るほど、パナマ侵攻はアメリカが帝国主義に逆戻りしている結果で、ブッシュ政権はレーガン政権よりもさらに一歩踏み込んだ姿勢で「目的のためなら戦争も辞さないこと」を世界に知らしめたと確信した。

パナマ侵攻は、イラクのような国を脅して服従させる目的もあったと思う。

デヴィッド・ハリスは、『深夜の敗走』の中でこう書いている。

「 アメリカは、他国に侵攻してその国の支配者を捕まえ、アメリカに連行して裁判を
  行った。 

  こんな事は、国家誕生から225年にして初めてのことだ。 」

ブッシュ政権は、侵攻の違法性を隠すために、侵攻の一部始終をマスコミの目から遮断した。

激しく爆撃した地域は、3日間の立ち入り禁止として、その間に兵士たちが犠牲者を火葬して埋めた事実が発覚している。

チェイニー国防長官は死者数を「500〜600人」と言ったが、人権団体によれば「3000〜5000人」と見積もられ、2.5万人が家を失った。

ノリエガはマイアミに連行されて、40年の拘禁判決を受けた。

この国際法違反に世界は激怒したが、アメリカ国内での報道は非常に限られていた。
(つまり報道が規制された)

パナマにはアメリカの傀儡政権が復活し、アメリカは再び運河を支配した。

(2015.7.7.)


アメリカ史 1980年代 目次に戻る