アメリカ史
大恐慌 〜 ニューディール政策

      バブルが弾けて、大恐慌となる(1929年10月〜)

      フーヴァー大統領は対策をするが、あまり結果は出なかった

      1932年の大統領選挙では、民主党のローズヴェルトが勝利する

      第1次のニューディール政策

   証券法、グラス・スティーガル法(銀行法)を作り、証券・金融を規制する

      ローズヴェルトのブレーンたち 学界や法曹界から起用する

      ニューディール政策により、連邦政府の権限が大幅に拡大する

      金本位制をやめる ドルを切り下げる 各国と貿易を拡大する

      ニューディールへの反発および違憲判決

        第2次のニューディール政策

        36年の大統領選挙 ローズヴェルトが圧勝する

        行政機構の改革法、最高裁の改組論争

        政治の保守化 成立しなかった法案

        当時の民衆の生活

        不況が長引いた原因@ 所得分配の不平等さ

        不況が長引いた原因A 社会の成熟 技術革新の不足

        経済学者たちの大会議と提言

        ケインズ経済学の誕生


アメリカ史 トップページへ戻る