ギルデッド・エイジ(金メッキの時代)と社会進化論

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

『ギルデッド・エイジ(金メッキの時代)』は、1870〜80年代を現す言葉として定着しています。

この時代は、経済利益が中心の時代でした。

共和党は理想の旗を下ろし、利益に奉仕する党になっていました。

鉄鋼業で巨万の富を築いたカーネギーは、論文の中で「富は社会に還元しなければならない」と述べて、自ら実践します。

これに金持ち達は共鳴し、彼らによって多くの大学が設立され、施設も作られました。

このような行動で、彼らは富を独占する事の正当性を信じることが出来たのです。

この時代には、『社会進化論』が流行しました。

この社会思想は、ハーバード・スペンサーが提唱したもので、「ダーウィンの進化論を、人間社会にも適用した」思想です。

「自然界と同じく、人間社会も競争を通じて進化するので、敗者も進歩のためには必要である」という考え方をします。

この考え方から、「政府による経済への介入を抑制すること」や、「経済の自由放任主義」が出てきました。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る