ギルデッド・エイジへの批判

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

ギルデッド・エイジの経済利益至上主義には、批判も当然ありました。

最も大きな影響を与えたのは、ヘンリー・ジョージの著作『進歩と貧困』です。
この本は、200万部も読まれるベストセラーとなりました。

ジョージは、NY訪問時に貧富の差に驚きます。
彼は、地価の高騰が原因だと考えました。

そして、「地主は働かずに発展の成果を、地価の上昇によって得ている。だから土地への課税で、その不労利益を社会還元させるべきだ」と説きました。

この頃のアメリカには、土地への課税は無かったのです。

(今の世界では、土地への課税は常識ですが、こういう経緯があったのですね)

ジョージは他には、公益事業の公営化を唱えた。

また、レスター・ウォードは多くの著作で、「進化の過程は自然界と人間社会では異なり、理性などで変えられる。文明とは、そのような力の産物だ」と論じました。

そして、「全員の幸福を目指すべきであり、それには政府の計画的な行政が必要だ」と説きました。

(2012.12.27.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る