人口の急増と都市の発展

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

アメリカの人口は、1860年〜1900年の間に、倍増します。

そして人口の半数は、人口100万人以上の大都市に住むようになりました。

1840年には4千人だったシカゴは、90年には100万人を超えた。

工業は都市に集中をし、都市の面積は3〜4倍に拡大しました。

それを可能にしたのは、交通の革新です。

交通分野では、50年代から鉄道馬車が普及し、ケーブルカーも73年にスタートします。

さらに、市街電車が急速に普及しました。
馬車は、1900年までにほぼ消滅した。

79年には高架鉄道、97年には地下鉄もスタートします。

(進化の早さに驚かされます)

技術の進歩により、鋼材と耐久ガラス板の大量生産が可能となりました。
これにより、建物の高層化がスタートし、橋も多く架けられました。

電話の普及も進み、1900年には150万台に達します。

白熱灯の発明により、80年代からは街路や家庭に電気照明がもたらされました。

80年代には、エレベーターも生まれました。

都市開発を私企業が行ったため、公害汚染が深刻となっていきました。

それを規制する法は、当時は無かった。

上流階級の本拠にはNYが定着し、全国から成功者が集まってきました。
彼らはリゾート地を開発し、贅沢な生活をした。

都市の中流階級の中心となったのは、「サラリーマン」です。

サラリーマンは70年〜1910年の間に、7倍に増えた。

彼らは郊外に住み、子供の数はそれまでの家庭よりも減り、3人が基本となります。

家事手伝いを雇うのが普及し、子供の数も減ったので、妻の負担は減少しました。

子供は労働メンバーではなくなり、徐々に学校教育にゆだねられます。

高卒者は70年には2%だったが、1900年には6%に増えました。

(2012.12.27.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る