独身女性の増加と離婚率の上昇

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

結婚率は下がり続け、独身女性は10%に達しました。

離婚率も、1860年の1000組あたり1.2件から、1900年には7.7件に上昇した。

1890年頃から出産率は下がり続けて、性行為が生殖と結びつかなくなってきました。

(2012.12.27.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る