新移民たち

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

アメリカの人口は、1870年〜1900年の間に3600万人増えたが、そのうち1200万人が移民でした。

80年代になると、それまでのイギリスやオランダやドイツ等からではなく、「イタリアやポーランドから」の『新移民』が急増します。

新移民たちは、貧困で教育程度が低く、農村の出身でした。

彼らは、都市の下層労働力となり、スラムを形成しました。

新移民たちは、妻は外に働きに出て、子供は学校で学ぶよりも工場で技能を身につける事を望みました。

(日本では近年、共働きが増えています。女性の社会進出と美化される事もありますが、
 生活のために行う場合は貧困の証だと、ここから分かります。)

ユダヤ人の移民も、進みます。

すでにドイツ系のユダヤ人は、移住をして地位を得ていました。
彼らは、近代文明に適合しない教えは放棄する、改革派だった。

80年代からは、東欧系の敬虔で正統なスタイルを維持するユダヤ人が移住してきて、
シナゴーグ(ユダヤ教の教会)が急増しました。

(ユダヤ教徒でも、様々なのですね)

(2012.12.27.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る