この時代の選挙戦の傾向

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

1876〜92年の選挙における投票率は、史上最高でした。

人々の政党への帰属意識は、極めて高かった。

地方での争点は、禁酒法、教育、安息日遵守などで、選挙は国民的なレクリエーションになっていました。

共和党は、「国を分裂から救った愛国心」「奴隷を解放した改革心」を売りにしていました。

民主党は、「反中央集権」「個人的自由」を打ち出していました。

(この時代のアメリカを見ると、現在の両党の立場と全く正反対なのに驚かされます。
 共和党はリベラルで、民主党は保守なのです。)

プロテスタントは共和党を、カトリックは民主党を、支持する傾向があった。

(2012.12.27.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る