官吏の任用制度の改革

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

この時代までの官吏の任用は、議会・議員が決めていました。

そのために、腐敗が進んでいたのです。

ヘイズ大統領(1876年に当選)は、任用制度の改革を議会に要請します。
しかし、議会に拒否されてしまった。

ヘイズは、腐敗の象徴だったNY税関局の高官のアーサーを、腐敗を減らすために解任しました。

80年にはガーフィールドが新たな大統領に当選したが、半年で暗殺されてしまいます。

そして、副大統領をしていたNY税関局の元高官アーサーが、新大統領に就任した。

この頃、任用制度の改革機運が全国で盛り上がっていました。

アーサーは手のひらを返して、83年1月に『ペンドルトン公務員改革法』を成立させました。

この法律は、「公開試験による競争で、職員を採用する」という内容です。

(2013.1.3.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る