西部の開拓@ 鉱山の開発と新州の制定

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

1859年に、「コロラドのパイクスピーク金鉱」と「ネバダのコムストック鉱脈」が見つかり、鉱山ブームとなります。

これによって鉱山町が生まれ、コロラドとネバダは61年に準州となりました。
(この後、正式な州に昇格する)

これら山岳地の鉱山は、高度な採掘技術が必要なため、アメリカ東部の企業人に支配されていきます。

鉱山町の人口は、半数が鉱夫で、残りは様々でした。
治安が悪く、大衆は自警団を作った。

1874〜75年に、スー・インディアンの居留地だったサウスダコタのブラックヒルで、
金が見つかります。

これにより、この土地は条約によってインディアンの領土になっていたにも関わらず、
インディアンたちは退かされました。

インディアンたちは挙兵して、「第二次スー戦争」が起こります。
インディアンは敗北し、白人たちによる数々の虐殺が行われました。

その後、開拓民の支配地域の拡大により、89年と90年には新しい州がたくさん作られました。

(2012.12.25.)

(アメリカの歴史を知るための62章から抜粋)

グレート・プレーンズからグレート・ベイスンにかけての地域(アメリカ中部・西部)は、
かつては「大アメリカ砂漠」と呼ばれていました。

年間降雨量は500ミリ以下で、農民がたやすく入植できる場所ではありません。

そのため、最初に進出をしたのは、金や銀の採掘を夢見る山師でした。

各地で鉱山が開発されて、鉱山町がたくさん出現します。

これらの町は、採掘を終えてゴーストタウン化するものも、少なくありませんでした。

(2013.7.10.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る