クリーブランド大統領の当選と、関税の引き下げ

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

1884年の大統領選挙では、ニュー・イングランドの貴族出身者が中心となって、
「マグワンプ」という改革派の勢力が結成された。

このグループは、清廉で有名だったクリーブランドを支持し、支配下に置いているマスコミを使って宣伝をした。

そして、大接戦のすえに民主党のクリーブランドが当選をした。

クリーブランドは強度の自由放任論者で、「人民は政府を支えるが、政府は人民を支えるべきではない」と語っていた。

彼は、余った国費を浪費する議会に反対し、利権がらみの公共事業を拒否した。

クリーブランドの最大の政策は、『関税の引き下げ』だった。

元来、共和党は保護関税に賛成、民主党は反対の立場だった。

関税の引き下げは決着をせず、88年の大統領選挙の最大の争点となった。

そして、大接戦のすえに共和党のハリソンが当選した。
(投票数では、クリーブランドの方が10万票上回っていた)

ハリソンの当選により、関税は49.5%まで引き上げられた。

92年にクリーブランドは再選を果たした。
そして、関税を引き下げる『ウィルソン・ゴーマン関税法』を成立させた。

(2013.1.3.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る