海軍力を強化し、世界第3位の海軍力になる

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

アメリカは、19世紀は国内の開発に専念し、対外関与を回避していた。

しかし19世紀末の、「世界的な帝国主義の風潮」と「経済界からの海外市場の獲得要求」により、海軍力を強化させ始めた。

そして、1900年には英独に次ぐ世界第3位の海軍力となった。

アルフレッド・マハンは著書において、「パナマ運河の建設」「カリブ海での基地建設」
「ハワイの併合」を主張し、知識人に支持された。

(2013.4.6.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る