米西戦争A キューバとフィリピンを植民地にする

(そうだったのか!アメリカ から抜粋)

アメリカが海外で行った最初の戦争が、この戦争です。

アメリカにとって手近なのは、カリブ海の島々でした。
とりわけキューバは、アメリカにとって魅力的なフロンティアでした。

キューバでは当時、スペインからの独立運動が盛り上がっていました。
アメリカでは、キューバの人々への同情が高まりました。

1898年2月15日に、キューバを訪問していたアメリカ海軍の軍艦「メイン号」が、
原因不明の爆発で沈没しました。

現在では『エンジン室の故障が原因』と見られていますが、当時のアメリカでは「スペインの機雷によって爆破された」と発表され、新聞は「メイン号を忘れるな(リメンバー・メイン)」のキャンペーンを開始します。

アメリカはスペインに対して、「キューバから軍を撤退させよ」と要求し、スペインは拒否します。

沈没の2ヶ月後の4月25日に、アメリカはスペインに宣戦布告をし、『米西戦争』となりました。

アメリカ軍は、難なくスペイン軍を打ち破りました。

戦後もキューバではアメリカ軍が駐留を続け、1902年に形式的にキューバの独立を認めます。

しかし、事実上は「アメリカの植民地」でした。

アメリカは、キューバ国内に軍事基地を建設します。
これが、今もある「グアンタナモ基地」です。

「アメリカと対立するキューバの中に、アメリカ軍基地がある」という不思議な状態は、
今も続いています。

キューバが正式に独立を果たすのは、1959年1月のカストロによるキューバ革命後です。

一方でアメリカは、はるか西のフィリピンにも海軍を派遣します。
フィリピンは、スペインの植民地だったからです。

そして、フィリピンの独立を認めるのではなく、スペインに代わって植民地にしてしまいます。

フィリピンの植民地化について、当時のマッキンリー大統領はこう言いました。

「フィリピン人に統治をまかせれば、無政府状態に陥る。フィリピン人を教育し、文明化し、キリスト教化するためには、アメリカがフィリピンを統治することだ。」

当時のフィリピンは、実はすでにスペインによって「キリスト教化」されていたのですが。

フィリピン人は、アメリカが新たな支配者になったことに失望しました。
そして、今度はアメリカに対して、独立闘争を挑みます。

戦いは1899年〜1902年まで続き、アメリカ兵は4300人、フィリピン人は20万人が犠牲となりました。

フィリピンは、太平洋戦争の勃発と共に、日本軍がアメリカ軍を追い出して占領します。

フィリピンが独立を勝ち取ったのは、太平洋戦争が終わった翌年の、1946年7月でした。

アメリカは他にも、カリブ海のプエルトリコ、太平洋のグアム島も、自国のものにしました。

(2013.4.7.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る