ハワイの併合

(そうだったのか!アメリカ から抜粋)

ハワイは、1795年にカメハメハ大王によって統一された王国でした。

1800年代の後半には、アメリカから開拓者が大勢入り込み、砂糖産業で財を成して、
領土を買い占めていきます。

1893年1月に、ハワイ女王は親米白人勢力のクーデターによって、王位から引きずり下ろされました。

親米白人勢力は、『ハワイ臨時政府』を設立し、アメリカ軍の出動を要請します。

アメリカ軍は、「ハワイに住むアメリカ人の生命と財産を保護する」と言って、ハワイに進駐しました。

そして7月4日に『ハワイ共和国』を建国します。

ハワイ共和国はアメリカへの併合を求め、1898年8月にハワイは併合されました。

この併合の仕方は、テキサス州やカリフォルニア州の併合の仕方と、極めて似ています。

(2013.4.21.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る