西部の開拓B
農民が入植をして、草原を農地にしていく

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

アメリカの中部・西部に広がるグレイト・プレインズは、国土の5分の2を占める乾燥地帯で、半分砂漠のような所です。

ここは長い間、開拓対象外でした。
南北戦争後に、ここにも開拓が及ぶようになります。

1862年に「ホームステッド法」ができて、5年間の居住と農地整備を条件に、
希望者には公有地160エーカーが無償供与される事になります。

73年の「植樹農地法」は、4年間で40エーカーの土地に植林する事を条件に、
160エーカーの追加取得を認めました。

77年の「荒地法」では、1エーカー当たり1.2ドルで640エーカーの公有地を払い下げて、牧場主の要望に応えました。

鉄道会社にも線路の土地をただで与え、会社は沿線の土地を売却する事で、建設資金を得ました。

(2012.12.25.)

(アメリカの歴史を知るための62章から抜粋)

グレート・プレーンズへの入植は、1862年の「ホームステッド法」の制定後も、
厳しい自然に阻まれてなかなか進みませんでした。

しかし、水の確保が風車ポンプの利用で解決されたこと、乾燥や寒さに耐えられる丈夫な小麦がヨーロッパから導入されたこと、農機具が開発されたこと、などにより70年代後半から入植が始まります。

開拓農民たちは、草原を農地に変えていきました。

西部は、東部に食糧を供給する地になっていき、東部の工業製品の購入者にもなっていきます。

(2013.7.10.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る