西部の開拓A
牧畜業者が進出し、牛の放牧を行う

(アメリカの歴史を知るための62章から抜粋)

グレート・プレーンズ(アメリカ中部)には、南北戦争の直後から牧畜業者が進出します。

彼らは、テキサスで牛を育てて、北部に出荷するためにカンザスやネブラスカの鉄道駅まで、カウボーイにロング・ドライブ(長距離の牛追い)を行わせました。

しばらくすると、各州で放牧を行うようになり、育った牛を鉄道で出荷して大儲けしました。

1870〜80年代のグレート・プレーンズは、「牛の王国」でした。

牧畜業の繁栄は、鉄道の建設なしにはあり得ませんでした。

グレート・プレーンズとグレート・ベイスンを貫く、初の「大陸横断鉄道」は、
アイルランド人や中国人の工夫を使って、南北戦争中から建設が進められます。

そして、1869年に全線が開通しました。

90年代の初頭までに、さらに4本の大陸横断鉄道が建設されます。

(2013.7.10.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る