西部の開拓C インディアンの土地を奪ったため、戦争になる
白人は数々の虐殺・虐待を行う

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

西部の開拓の大きな障害は、インディアンでした。

1865年には、インディアンの3分の2はグレイト・プレインズに住んでいました。

67年に「インディアン平和委員会」が設置されて、部族ごとに狭いエリアに囲い込む
『小保留地政策』が定着していきます。

60年代初めから30年間に渡って、インディアンと国軍の戦争が、グレイト・プレインズを主として発生します。

大抵は、武器の優れている白人(国軍)が勝った。

86年のアパッチ族のジェロニモの降伏をもって、三世紀に渡る白人とインディアンの戦争は終息しました。

グレイト・プレインズに住む大量の野牛は、インディアンの生活基盤だったが、白人の乱獲で80年代にはほぼ絶滅してしまった。

この後、1887年〜1934年の50年足らずの間に、インディアンの保有地1.38億エーカーのうち8600万エーカーは、白人の詐欺同然の取引によって奪われてしまうことになります。

グレイト・プレインズから野牛とインディアンが去った後は、牛の放牧が盛んになり、産肉牛はヨーロッパに輸出されるまでになっていきます。

この頃の牛の放し飼いのイメージが、西部劇のイメージモデルになっている。

(2012.12.25.)

(アメリカの歴史を知るための62章から抜粋)

西部の開発は、西部で暮らしていた先住民インディアンたちとの戦争を生みました。

1890年にサウスダコタのウーンデット・ニーで、スー族の300人が白人に虐殺されます。

この事件をもって、白人とインディアンとの戦争は終わりました。

フロンティアの消滅とは、インディアンの征服が完了した事も意味していたのです。

(2013.7.10.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る