フロンティアの消滅とフロンティア学説

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

アメリカ全土が開拓されていく中、フレデリック・ジャクソン・ターナーは1893年に、
『フロンティア学説』を打ち出します。

この学説は、以後のアメリカ史に多大な影響を与えました。

この学説は、「フロンティアがもはや無くなり、アメリカ史の画期が訪れたこと」「フロンティアでの経験が、アメリカの民主主義を生み出してきたこと」「フロンティアによって、アメリカの階級は流動性を持っていたこと」を主張しました。

そして、「これからは、海外にフロンティアを求めるべきだ」と結論しました。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る