石油業の発達とロックフェラー

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

石油業界の支配者になったのは、ジョン・D・ロックフェラーです。

ロックフェラーは南北戦争中に金を儲けて、それを元手に石油業に進出しました。

彼は、「石油はこれまでの鯨油に取って代わる」と予測し、先行投資をしました。

原油生産は1859年に始まったが、70年にロックフェラーは「スタンダード石油」を設立し、原油の5分の1の精製を行うようになります。

73年の恐慌のさいに競争者を吸収し、鉄道会社と結託をして勢力を拡大させ、70年代末には精製事業の90%を手中にしました。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る