技術革新、鉄鋼王カーネギー

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

この時代は、様々な技術革新が起きました。

エジソンは、GE社の前身を作り、電球の改良や、録音装置(蓄音機)など、多くの発明を製品化しました。

電信は、1832年にモースが発明します。

40年代に実用化され、ウェスタンユニオン社が全国的な通信網を作っていきました。

電話は、1876年にベルが発明しました。

ベルは、AT&Tを設立しました。
しかし高額のために、家庭への普及はなかなか進まなかった。

鉄鋼業界では、カーネギーが王者となります。

彼はイギリスの製鋼業を視察して、ベッセマー方式に感銘を受けました。
そして、その方式を導入して工場を作り、勢力を拡大した。

彼は、鉱石産地と工場を鉄道・汽船で結び、能率化を実現させました。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る