トラストによる独占と、反トラスト法

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

ロックフェラーのスタンダード石油は、『トラスト』という方法で弱い企業を取り込み、
石油業の独占化を図りました。

この方法は、他の業界でも真似されます。

トラストによる独占の弊害が目立つようになると、これを禁止する『反トラスト法』が生まれ、1890年には連邦法でも成立します。

ロックフェラーは、反トラスト法をうけて、トラストを解体しました。

やがて持株会社に着目し、その方式で株式交換をして、傘下企業を支配する制度を確立しました。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る