投資銀行の台頭とJ・P・モルガン

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

この時代には、投資銀行が大きく台頭しました。

最も成功したのは、J・ピアモント・モルガンです。

彼は1873年に、ジェイ・クック商会が独占していた連邦財務省証券の取引に参加します。

その後、クック商会が倒産したため、取引の中心に躍り出ました。

モルガンは、父の代からイギリスとパイプがあり、海外からの資金調達に有利でした。

モルガンは、鉄道株を引き受ける際に株の一部をもらい、それによって経営に参加して、
鉄道業界の合併・統合を主導しました。

1890年代になると、工業界の株式会社化が進み、株取引も盛んになります。

モルガンは、商業銀行や生保会社を傘下にもち、アメリカの金融の中心となっていきます。

(2012.12.25.)


アメリカ史 南北戦争後〜1900年まで 目次に戻る