現在の世界が直面しているのは「霊的な問題」であり、信念のレベルの問題だ

ニール  この世界は、大災厄の瀬戸際にあります。

     人間は、今までだって争ってきました。
     ですが、今の分裂と争いが続けば、地球の文明そのものが終末を迎えるのではないかと
     思うんです。

 神   そう、あなたの言う通りだ。 あなたは状況を正しく判断している。

     あなた方は、問題の重大さは分かっている。 だが、『問題の性質』を理解していない。

     だから、肝心なレベルとは違うレベルで、解決策を模索し続けている。

ニール  「肝心なレベル」とは何ですか?

 神   『信念のレベル』だ。

     現在の世界が直面しているのは、『霊的な問題』なのだ。

     あなた方は、現在の世界の問題を、政治問題や経済問題や軍事問題として解決しようと
     考えている。

     だが、そんな問題ではないのだ。

ニール  どうすればいいのですか。

 神   この本を読み、心に刻みなさい。

ニール  しかし、私たちは今までもたくさんの人から、「この本には、すべての答えが書いてある。
     だから内容を心に刻みなさい。」と言われてきましたよ。

     そして、沢山の本の内容を心に刻んできたのです。

 神   あなた方は「心に刻んだ」と信じているが、実は刻んでいない。

     聖なる書物の奥にある本当のメッセージに、耳を傾けてはいない。

ニール  そんな事はありません。

     私たちは、聖なる書物の教えに従っています。

 神   いや、違う。

     あなた方は、「聖なる書物はこう言っている」と、自分が思っている(信じている)通りに
     しているだけだ。

     聖なる書物は色々あるが、基本的なメッセージは同じだ。

     違うのは『人々の解釈』であり、解釈の違いでいがみ合い、その違いを根拠にして殺戮を
     正当化している。

     あなた方は、「本当の聖書は、自分達が信じている聖書だ」と言う。

     さらに、聖書は1つだと言うだけではなく、「この聖書の解釈は1つしかない。自分達の
     解釈が正しい」と言う。

     この傲慢さが、人類の悲劇を引き起こしている。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る