第1の新しき啓示
神は、人間と直接に語り合う事を止めていない
神は今でも、人間と語り合っている

 神   あなた方の世界は、誤った考え方(信念)の上に成立している。

     それは、『神についての5つの誤解』と、『生命/人生についての5つの誤解』だ。

     前者が「組織的宗教」を生み出し、後者が「ナショナリズム」を生み出した。

     あなた方の世界が動乱を続けてきたのは、この2つが原因だ。

ニール  それでは、宗教も国家も無くせばいいのですか?

 神   そうではない。

     宗教とナショナリズムには、役に立っている部分と、役に立っていない部分がある。

     宗教もナショナリズムも、いらないものではないが、平和に暮らしたいなら改善しなければ
     ならない部分がある。

ニール  どう改善すればいいのですか?

 神   まずは、神と生命/人生についての誤った信念を見据える事だ。

     そのためには、『真の平和への5つのステップ』を実行しなければならない。

ニール  やってみます。 『真の平和への5つのステップ』を、皆に勧めてみます。

 神   ここまでの対話を通じて、あなたはすでに5つのステップのうち、最初の2つを
     実行した。

     あなたは、「古い信念はもう役に立たない」と認めて、「神と生命/人生について分かって
     いない部分があり、それを理解すればすべては変わる」と認めた。

     さて、第3のステップに進む準備はできたかな?

ニール  第3のステップは、「神と生命/人生について、新しい理解がもたらされていると認める」
     という事ですよね。

     はい、準備は出来ています。

 神   『 いま生きている誰かが、神と生命/人生について、新しい理解をもたらせる 』

     これを信じていなかったら、誰かが新しい理解を提示しても、あなたはそれを
     否定してしまう。

     そのメッセージに心が躍っても、感極まって身体が震え出したとしても、あなたは否定する
     だろう。

     だから、「誰かが新しい理解をもたらす可能性がある」と認める事が、とても大切だ。

ニール  分かりました。 可能性を認めます。

 神   よろしい。

     それではここで、『第1の新しき啓示』を言おう。

    『 神は、人間と直接に語り合う事を止めていない  神は今でも、人間と語り合っている 』

     この新しい考え方を認めなさい。

     神は、何時でも誰とでも話し合っている。

     この可能性を、受け入れられるかな?

ニール  試してみますよ。

 神   「試してみる」というのは、やめなさい。

     本当に世界を変える力になりたいのなら、あなたは「実行」しなければいけないのだよ。

     私の仕事は、あなた方に栄光を与えて、それによって私を輝かせることだ。

     あなた方の栄光の中にだけ、私の栄光が見い出せるのだから。

     新しい理解、新しい啓示がもたらされるという可能性に、心を開いてもらいたいのだ。

     それも、「あなたを通じてもたらされる」という可能性に、心を開いてもらいたい。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る