宗教と霊性の違いとは  宗教は制度であり、霊性とは体験だ

ニール  あなたは、「神は何も命令しない。自分で『最善とは何か』を考えなさい」と言います。

     でもそのやり方は、「世俗主義」とか「人間至上主義」などと呼んで、
     危険視する人もいます。

     世俗主義については、辞書では「宗教的な配慮の否定」と書いてありますよ。

 神   だが、「霊性への配慮の否定」とは書いていないだろう?

ニール  宗教と霊性は、違うのですか?

 神   宗教は制度であり、霊性とは体験だ。

     宗教は、物事の在り方についての考えを中心にして築かれた、制度だ。

     考え方が固まってくると、教義・教理ができて、反論を許さなくなる。

     宗教は、「とにかく教えを信じなさい」と要求する。

     霊性は、「何かを信じろ」とは言わず、「自分の体験に気づきなさい」と言う。

     『他人に言われた事ではなく、自分自身の体験を大事にしなさい』と言うのだ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る