夢見ている世界を創造するには、第六感を使う必要がある
第六感のほうが、多くのデータを拾い上げる

ニール  あなたは、「神とは『存在するすべて』であり、あらゆる生命は一体なのだ」と言います。

     でも、それを上手く感じ取れません。

 神   あなた方は、「五感だけを使って」周りの世界を考えている。

     世界(社会)を築くのにも、五感しか使っていない。

     私が話すような新しいコミュニティを創造するには、
     あなた方が夢見ている平和で幸福な世界を創造するには、
     『第六感』を使う必要がある。

ニール  なぜ、そうなるのですか?

 神   五感は、どちらかと言うと「原始的な感覚」でね。 周りの世界のデータの、
     10分の1くらいしか拾い上げない。

     第六感のほうが、もっと沢山のデータを拾い上げる。

     地球上では、第六感を通して神を学ぶことは、常にタブーだった。
     それを行った者は、侮辱され迫害されてきた。

     あなた方は、神についてを、五感だけを使って学ばされてきた。

     それどころか、「聴覚」と「視覚」しか使っていない。
     大抵の人は、神については聞くか読むかだけだ。

     神について、「聞いたり読んだりしたものとは違うのではないか」と感じたとしても、
     「そんな事を考えてはいけない。そんな感覚は、悪魔の仕業だ」と叱られる。

     あなた方の神についての知識は、『伝えられた知識(古い知識・他人の体験)』だ。

ニール  でも、誰かが神について教えてくれなければ、どうやって神について知る事が
     できるのですか?

 神   それでは訊くが、マスターや預言者たちは、どうやって神を知ったのかな?

ニール  直接的な啓示を得たのです。

 神   では、『直接的な啓示』は、神について知る有効な方法なのだね?

ニール  そうですよ。

 神   今の世界に役立つのは、『新しい啓示』だ。

     組織的な宗教(古くからある宗教)は、本質的に限界があり、真の神(愛・喜び・自由)
     の体験を阻んでいる。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る