人間の関心と、神の関心は同じである
「神の意志を遂行する」という考えは危険だ

ニール  あなたは、「自分の感覚やインスピレーションを信じなさい」と言います。

     でも、前にも言いましたが、そういう考え方は「人間至上主義」に聞こえるんです。

 神   それのどこが、いけない?

ニール  私たち人間は、「自分の関心や価値」ではなく、「神の関心や価値」を人生の中心に
     据えるべきです。

 神   今の世界で問題を起こしているのは、「私は、神の望むことを実行している」と
     信じている人達だ。

     知らなかったのかな?

ニール  そういう場合もありますが、でも…。

 神   組織的宗教の教義が原因で起こった戦争のほうが、違う原因の戦争よりもずっと多い
     ではないか。

     数え切れないほどの人達が、神の名において殺されてきたのだよ。

     あなた方が傷つけ合う時に、「これは神の意志を遂行しているのだ」と言うのを
     やめれば、地球上のすべてが変わるだろう。

ニール  でも、聖典は戦いではなく平和を促しています。

 神   コーランには、「信者たちよ! 無信仰者たちと戦い、お前がいかに堅固かを思い知らせよ」
     とあるし、

     バガヴァッド・ギーターには、「宗教的な大義のために戦う以上に、優れた行いはない。
     戦うのをためらう必要はない」と書いてある。

ニール  でも「戦わなければ、神に罰される」とは、書いていないでしょう。

 神   コーランには、「前進しなければ、神はお前たちに厳罰を下される」とあるし、

     バガヴァッド・ギーターには、「戦いという崇高な義務を果たさなければ、
     義務を怠った罪に落ちる」と書いてある。

     宗教戦争や自爆テロの背景を知りたければ、聖典や宗教指導者に目を向ければ分かる。

     聖典や宗教指導者は、「敵との戦いに加われば、勝とうが負けようが報酬は得られる」
     と約束してきた。

     バガヴァッド・ギーターは、こう記している。

     「戦場で殺されて天国に行くか、征服して地上の天国を楽しむかの、いずれかである。
      ゆえに断固として立ち上がり、戦え」

ニール  イスラム教の自爆テロリストは、「聖戦のために死ねば、天国で72人の処女たちと
     好きなだけセックスできる」と教えられるそうです。

 神   コーランでは、「敵の土地をすべて征服するまでは、相手を皆殺しにせよ」
     と教えている。

ニール  神が、「皆殺しにしろ」と言うのですか?

 神   「敵が降伏するまでは、皆殺しにしろ」と書いてある。

     全員が降伏したら、金がものをいうシステムを作り、異教徒が金を払えば殺さなくても
     よい、と神は言っている。

     神への「みかじめ料」みたいなものだね。

ニール  ジズヤという人頭税と、ハラージュという土地税の事ですね。

     イランの最高の宗教指導者だったホメイニは、こう言いました。

     「イスラム教を知らない者は、イスラム教は戦争に反対していると言う。

      そのような事を言う者は、愚か者である。

      異教徒を皆殺しにせよ! 剣以外では人々を従わせる事はできない!

      天国は、聖なる戦士にのみ開かれる。

      何百という詩篇やハディースが、戦いがムスリムに大事だと教えている。 」

 神   あなた方は、「これが神の意志だ」と言って、野蛮で最も神らしからぬ行動を、
     正当化してきた。

     いいかね。 真の平和を望むならば、新たな霊性・信念へと進まなければいけない。

     あなた方は、「自分たちの関心と、神の関心は同じではない。それは明白だ。」
     と主張してきた。

     しかし、『神の関心と、人間の関心は同じ』なのだよ。

     これが分からないから、問題が起きる。

     人間の関心のありかは、そう簡単には間違える事はない。

     すべての人間が最も関心を寄せるのは、『生命/人生』(平和で幸福な人生を、長く続ける
     こと)だ。

     神にとっても同じなのに、あなた方はそうではないと主張する。

     あなた方は、「神は生命/人生ではないもの(正義など)に、最も関心を寄せている」
     と想像して、
     「だから、生命/人生を粗末にしても赦される」と思っている。

     純粋なヒューマニズムに基づけば、生命を破壊する事が聖なる行為だなどとは、
     決して認めないだろう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る