第7の新しき啓示
正邪や正誤は、想像上のものだ 有効な事と、有効でない事があるだけだ

ニール  あなたは、「本人の世界観に照らせば、誰も不適切な事はしていない」と言います。

     でも、当人が正しいと思っていても、間違った行いはありますよ。

 神   ここで、『第7の新しき啓示』を取り上げよう。

     『 正邪や正誤は、想像上のものだ  有効な事と、有効でない事があるだけだ 』

     「正しい」とか「間違っている」という事は、無い。

ニール  どうして、「正しいとか間違っているという事はない」なんて、おっしゃれるのですか?

 神   真実だからだよ。

     「正しい」とか「間違っている」というのは、あなた方の想像が生み出したものだ。

     あなた方が判断する中で創り出した、『レッテル』だ。

     判断の基になる価値観や、あなた方の要求が変われば、正邪(正誤)の基準も
     変わってしまう。

     あなた方の歴史が証明しているよ。

ニール  そんなばかな。 基本の価値観は変わりません。

 神   それでは、「変わらぬ基本的な価値観」の例を挙げてごらん。

ニール  いいですよ。

     殺人がそうです。 「汝、殺すことなかれ」、これは変わりません。

 神   ただし、戦争に勝とうとする時は、別だね。

ニール  しかし、自衛の戦争もあります。 自分を守る権利はあるんです。

     少なくとも、私たちの国(アメリカ)は、どこにも攻め込んだ事はありません。

     アメリカは、自衛の戦争しか、した事はありません。

 神   アメリカが、自衛の戦争以外はした事がないって?

ニール  そうです。

 神   あなたは今、私が少し前に言った
     『すべての攻撃は、攻撃者にとっては防衛なのだ』という言葉を、証明したよ。

     戦争を仕掛ける国や集団は、「~を守るためだ」と言う。

     わかるかな? この事実は、よく見つめる必要がある。

     戦争には、「攻撃側」はなく、「防衛側」があるだけだ。

     おかしな話だが、すべての攻撃を防衛だと呼べば、そうなる。

     攻撃する者は、「これは防衛だ」と言う。
     そう言えば、自分を正しいように見せかけられるからだ。

     「他に方法はない。

      欲しいものを手に入れるためには、相手を殺しても仕方がないのだ。

      なぜなら、これは自分を守るためだからだ。」

     戦争を仕掛ける者はすべて、こう考えているよ。

     戦争だけでなく、人生のすべての争いに、これは当てはまる。

     誰も攻撃しているとは思っておらず、防衛していると考えている。

     あなたに対する相手の攻撃に、この論法を当てはめれば、相手の気持ちが分かり、
     奇跡が起こるだろう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る