進化とは、本質的には変化だ  新しい道を示して、光の担い手になりなさい

 神   あなた方は、「神は、人間に様々な事を求めている」と主張する。

     しかし、「肉はこの日に食べろ」「女性は全身をおおい隠せ」「礼拝では決められた
     場所に立て」などと、
     本当に私が指図すると思うかね? 神がそんな事を気にかけるかな?

ニール  では、今の宗教が行っている事は、どうでもいいと言うのですか?

 神   私は、あなた方を愛しているからこそ、最も大きな贈り物を与えた。

     『自由意志』という贈り物を。

     ところが面白い事に、あなた方は自分で課題を創り上げてしまった。

     神が色々な事を命じていると、信じた。

     そうして、偶像崇拝を禁じたり、音楽や踊りを禁じたり、ささいな過ちを
     断罪してきた。

     だが、「絶対に変わらない倫理」など存在しない。

     それは、進化する社会にはあり得ない。

     なぜなら、進化とは、本質的に変化だからだ。 そして変化は、生命の本質だ。

     だから、頑迷な宗教団体などの変化を妨げようとする人々は、生命そのものを
     否定して、より良い生活を築こうとしているわけだ。

     生命の本質は変化なので、社会も自然に変化してゆく。

     だが新しい基準が生まれても、調整(自然な変化)を恐れる人達は、古い基準を
     守ろうとする。

     そして、古い基準(伝統)を守るという名目で、攻撃が正当化される。

     今のあなた方の文化・社会は、大半がそういう状況だ。

     地球では、神の核心である「自由」と、神の最大の贈り物である「自由意志」が、
     宗教に基づいた政府によって厳しく制約されている。

     これは、まことに皮肉だね。

ニール  いくつかの文化では、「宗教と国家は、厳格に分けておくべきだ」と考えています。

     いくつかの文化では、「最高の統治者は神であり、宗教指導者の解釈する神の法が、
     地上の法であるべきだ」と考えています。

 神   その2つの対立が、私の言う『イデオロギーの衝突』だ。

     その対立は基本的は、「個人の自由」と「個人の制約」の衝突、
     「人間の権利」と「神の法」の衝突だ。

     本当は、衝突などあり得ない。

     自由は神の本質であり、「個人の自由」「法の下の平等」は、その本質の現れだから。

     宗教によっては、男女の平等を認めないし、無神論者を認めない。
     そして、奴隷制を認めている。

ニール  まさか。 聖典に奴隷制を糾弾しないものなんて、ありません。

 神   あなたは、聖書とコーランを、もう一度読み直したほうがいい。

ニール  どうすれば、この対立を解決できるのですか?

 神   新しい霊性に、更新しなくてはいけない。

     世界に、新しい考え・新しい概念・新しいモデルを、提供する時だ。

     『新しき啓示』の道を歩き、啓示について語るだけでなく、その真実を生きて証明しなさい。

     道を示して、光の担い手になりなさい。

ニール  しかし、1人の人間に何ができますか?

 神   あなたは世界の光だ。 それが分からないかな?

     光になろうと選択すれば、誰もが光になれる。

     あなたの光を人々の前に掲げて、あなたの良き行いが見えるようにしなさい。

     だが、未来を描く時には、過去を大切にしなさい。

     古い信念を、頭から否定しないことだ。 それよりも、古い信念を拡大しなさい。

     「あなたは何をしているのですか?」と聞かれたら、こう答えなさい。

     「 私は、法や預言を廃絶するために来たのではない。

       そうではなく、それらを実現するために来たのだ。 」

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る