倫理の基にある原理は、「機能性」だ②
あなた方は自らの行動で、それを証明してきた

 神   あなた方の聖典の言葉の多くは、どんな文明社会にも一度も当てはまらなかった。

     この事を認めるかな?

ニール  ええ、認めます。

     聖典に書かれている「神の法」の中には、筋の通らないものもあります。

 神   そうだ。 筋の通らないものは、沢山ある。

     「親の言葉に従わない息子は、町中の男達が石で打ち殺すべきである」

     「死体に触れた者は、7日間は不浄である」

     「聖職者ならば、奴隷を持ってもいい」

     「安息日には、どんな仕事もしてはならない」

     「貧しい兄弟を買って、召使いにしてもいい」

     「セックスをした後は、どちらも不浄である」

     こうした、まっとうな者なら意味を成さないと思える神のルールは、いくらでもある。

     実は、「聖典のほとんどが、そういうルールで出来ている」と言ってもいいくらいなのだ。

     私がたくさんの事例を挙げたのは、この事を分かってほしいからだ。

     『 あなた方は、倫理の権威を聖なる法に置いてきたが、その時々に応じて、
       その法を臨機応変に当てはめてきた 』

ニール  「聖典の中で、実生活にそぐわないと思う部分は、無視してきた」とおっしゃるのなら、
     それは認めますよ。

 神   この事実を言い換えれば、こうなる。

     『 あなた方の倫理には、何が役に立って何が役に立たないか、という以外の
       基準はまったくない 』

     聖典の中の多くの言葉について、「これは文字通りには従うべきでない」と、
     あなた方は認めている。

     それは、行動に示されている。

     1つの聖典の中にも矛盾があるし、聖典どうしも矛盾している。

     だからあなた方は、適宜に基準を選び出してきた。

     もちろん、そんな事は認めたくはないだろう。
     それでは、「相対主義者」と非難されかねない。

     あなた方は、「絶対主義者」でいたいのだ。

     「絶対的な正義」や「絶対的な正邪」があると、信じていたいのだ。

     だが最終的には、「あなた」が決めなければならない。

     聖典の内容を、柔軟性なしにすべて適用するのは、ばかげているのが明らかだからだ。

     要するに、「宗教的な法の多くは、無視した方がいい」と、あなた方は認めている。

     だから、宗教的な法は、倫理の真の支えにはなり得ない。

     あなた方は自らの行動で、『倫理とは、実は機能性である』と証明してきたのだよ。

ニール  『機能性』という生命の原理は、すでに明らかになっているのですね。

 神   そうだ。

     あなた方はすでに、「本当に正しい事は、機能する事だ」と理解している。

     ただ、認めようとしないだけだ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る