倫理の基にある原理は、「機能性」だ④
平和を築くには、正しさではなく「何が役に立つか」で測る必要がある

ニール  あなたは、
     「 真に重要なのは、倫理ではなく、『機能性』だ。
       この視点で考えれば、まったく違った見方で、物事を判断できる。 」と言います。

     私たちは、『機能性』について、もっと深く探究した方がよさそうですね。

 神   そうだね。 それでは、さらに掘り下げてみよう。

     あなたはアメリカにいて、西に向かって車を走らせていたとしよう。
     目的地はシアトルだ。

     その時に、南にターンしてサンノゼに向かっても、何の役にも立たない。

     それを見た人からは、「方向を間違っている」と言われる。

     しかし、「間違っている」が、別に「非倫理的」なわけではない。

     シアトルに行きたいのにサンノゼに向かうのは、機能性に欠けているのであって、
     倫理が欠けているのではない。

     思考・言葉・行為(創造の3大ツール)は、目的に照らして機能するかしないかだ。

     たとえ機能しなくても、それは単なる間違いであり、倫理違反とは何の関係もない。

     高度に進化した社会(別の星の社会)では、ある選択肢や行動は、「機能するか、
     機能しないか」だけに着目する。

     あなた方も、選択するにあたって「倫理」を取り除けば、「倫理的な権威」の介在を
     取り除ける。

     こうなれば、社会の行動規範に、神の言葉や聖なる法を持ち出すことは無くなる。

ニール  でも、それではアナーキズムになります!

     誰もが好き勝手な事をしますよ。

 神   そうなるかは、あなた方の在り方や目的しだいだ。

     あなた方が平和で仲良く協力する世界を選択するならば、
     「何が役に立ち、何が役に立たないか」で物事を測るようになるだろう。

     今は、あなた方はこの尺度を使っていない。

     もしこの測り方をしていれば、いま世界でしている様な事をするはずがない。

ニール  私たちは、「自分さえ良ければいい」という生き方を、優先しているんです。

     だって、楽しい体験をさせてくれますから。

 神   あなた方は、口では「平和と調和を求めている」と言うが、言う事と行動とが違っている。

     本当に平和と調和を望むようになったら、「今している事は、役に立たない」と判断して、
     もっと役に立つ行動を選ぶだろう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る