正義の基にある原理は、「適応性」だ
懲罰よりも、上手くいく道を見つける方が良い

ニール  あなたは、「平和を築きたいならば、正邪ではなく、『何が役に立つか(何が機能するか)』
     で物事を考え、選択していきなさい」と言います。

     しかし、「何が役に立ち、何が役に立たないか」という世界で、本当にめちゃくちゃに
     ならないのですか?

 神   それでは訊くが、あなた方の現在の「正邪の世界」は、平和と調和を生み出しているかな?

ニール  そりゃ、そうはなっていません。

     でも、少なくとも誰かが間違った事をした時に、それを罰せます。

 神   そうやって人を罰して、間違いが2つ合わされば正しくなる、と言うのかね?

ニール  悪人を罰する事は、間違いじゃないですよ!

 神   そもそも、『正邪は存在しない』のだよ。 (これは、第7の新しき啓示です)

     宇宙には、そのような絶対的な基準はない。

     『 生み出したい結果に繋がるかどうかに照らして、役に立つか、役に立たないか 』

     それによって、「正しいこと(有効に機能すること)」と「間違っていること(有効に
     機能しないこと)」が決まるだけだ。

     誰かを罰して、どんな結果を得たいのだね?

     復讐か? 脅威を取り除きたいのか?

ニール  正直に言えば、それらを少しづつ体験したいのでしょう。

     でも、一番の理由は、「正義」ですよ。 正義を体験したいのです。

 神   ふうむ…。 あなた方の面白い「精神的な仕組み」が出てきたね。

     では、正義とはどういうものだと理解している?

ニール  辞書には、「正義とは、対立する主張・利益・懲罰について、偏りのない調整を
     行うこと」とあります。

 神   「調整」と出ているのだね。

     私が少し前に言った、『正義の基にある原理は、適応性だ』というのと、
     よく似ているね。

     適応するとは、調整する事だ。

     生命は常に、『適応性の原理』を表現している。

     生命とは、何よりも機能であり、機能し続けるために適応する(調整する)。

     『適応性の原理』は、進化論では「選択」と呼ばれる。

     生命は、機能を選択し、それによって進化する。

     そうやって、「持続」していく。

     『機能性・適応性・持続性の3原理』が循環することで、生命は永遠に続いていく。

     機能 → 適応 → 持続 → 機能 → 適応 → 持続と、永遠に続いていく。

     あなた方は、「正義のシステム」によって調整をはかり、『適応性の原理』を
     表現しようとしている。

ニール  努力はしています。

 神   だが、「正義のシステム」には、実にたくさんの欠陥がある。

     金持ちや権力者の影響を受けやすいし、貧者や弱者は無視されやすい。

     一体どこに、正義はあるのかね?

ニール  それはそうかもしれませんが、私たちは不正を見過ごせないのです。

     「間違ったこと」は、「正さなければならない」のです。

 神   どうして、「上手く行かないこと」を、「上手く行くようにしよう」と考えないのだね?

     「間違いを正そう」とすると、そのプロセスとして懲罰が出てくる。

     だが、「上手く行くようにする」ことを考えれば、修正して新しいコースを
     見つければいいだけだ。

     それが、本当の調整だよ。

     高度に進化した社会では、こうした事が充分に理解されているから、
     懲罰は存在しない。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る