所有の基にある原理は、「持続性」だ
所有とはフィクションだ、あなた方は世話係にすぎない

ニール  あなたは、「所有の基にある原理は、持続性だ」と言います。

     持続性と所有は、どう関係するのでしょうか?

 神   あなた方は、『持続性』という生命の原理を表現しようとして、「所有」という
     精神的な仕組みを創った。

     あなた方は、「持続させたい」と願うものに、所有権を主張する。

     自分の身体、パートナーの身体、子供の身体に、所有権を主張して、「私の身体」
     「私の妻」「私の子供」と言う。

     土地についても同じだ。

     あなた方は、太陽の周りを運行し自ら24時間で1回転する惑星を、
     少なくともその一部を、「自分のものだ」と主張する。

     あなた方はこの天体を、生命全体のものだとは思わずに、個人や政府に属するもの
     だと決めた。

     地球を分割し、想像上の境界線を引いて、土地だけでなく地中深くの鉱物資源にまで
     所有権を主張する。

     さらには、上空にまで所有権を主張して、「上空飛行権」などと言う。

     あなた方は、この「所有権」を深刻に受け止めるから、これをめぐって戦争や殺人が
     起こる。

     ところが実際は、地球の一部を所有する事など出来ない。

     あなた方は皆、本当は「世話係」にすぎない。

     自分の身体やパートナーの身体、住んでいる土地、その他のものを、
     上手に世話しようとしているだけだ。

     どれも、あなた方の所有物ではなく、一時的に世話を任されたものだ。

     あなた方は(生命は)、『持続性という生命の原理』を表現する事を求められている
     のであって、「これは自分のものだ」と宣言する事は求められていない。

     「所有」という考え方は、長い目で見れば機能しない。

     何かを所有しても、その所有は永遠ではない。
     だから、あなたの所に有っても、本当はあなたの所有物ではない。

     「所有」という概念は、フィクションにすぎない。

     精神が作り上げた仕組み(概念)であり、一時的なものであり、『究極の現実』とは
     何の関わりもない。

     (私たちの魂は永遠であり、私たちは何度も何度も転生しています。

      その転生の旅において、いずれは今回の生涯のものは、自分とは離れるわけです。
      だから、どんなものも一時的に世話をしているだけ、なのです)

     所有という考え方は、「幸せになるために必要なものは、充分にはない」という
     『生命/人生についての第2の誤解』から生まれている。

     あなた方は、幸せになるために必要なものは全て充分にあるのに、それを信じない。

     そして、「所有という体験をすれば、安定・持続性・幸福を得られる」と想像する。

     これが真実でない事は、所有を沢山している人を観察すれば、分かるはずだ。

     あなた方は夢にも思った事はないだろうが、「所有」という考え方ほど、
     人類にとって有害なものはない。

     なぜなら、所有の概念により、「権利が発生する」と考えるからだ。

     (私たちは、自分に権利があると誤解するから、多くの争いをしてしまうのです)

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る