今までの恐怖を基盤とした社会を捨てて、愛を基盤とする社会に移行しましょう

 神   生命は、永遠に続いていく。 約束するよ。

     生命に終止符を打つことは出来ない。
     生命はシンプルに適応して、続いていく。

     だが、今の形で地球の生命が続く事を望むならば、悪夢を終わらせて、
     新しい世界を創造しなければならない。

     この対話のテーマは、それだ。

ニール  新しい世界に踏み出す準備ができていると、思われますか?

 神   今ほど準備が整っていた事はないよ。

     世界は、新しい霊的な真実に飢えている。

     世界は、生命を持続させるために役立つ真実を求めている。

     大半の人は、公然とそう言えないだけだ。
     そう言うと、今の宗教や政治や経済を、批判する事になるから。

ニール  では、どうすればいいのでしょう?

 神   「人々が飢えている霊的な指導者になりなさい。 勇気を持ちなさい。」
      と、人々を励ますことだ。

ニール  でも、人々の恐怖心(新しい道へ踏み出す事への恐れ)は、どうすればいいのですか。

 神   「何を怖がっているのか?」と聞いてごらん。

     安全や安定が失われる事か? それなら、すでに起こっている。

     世界を見回してごらん。 安全でもないし、安定もしていない。

     今の課題は、安全や安定を失うまいとする事ではなく、取り戻す事だ。

     変えるべき最初の信念は、「自分たちは安全ではなく、安定していない場合があり得る」
     という信念だ。

     この信念は、幻想だよ。
     あなた方の魂は(あらゆる生命の本質は)、不死であり、永遠に安全だ。

     内的な平和が実現していればこそ、外的な平和が可能になる。

     その真実は、人類が何度も発見してきた事だ。

     今の世界は、とても脆い。 それは、内的な平和が存在していないからだ。

     だからこそ、人々の信念を変えなければならない。

     今までの「恐怖の神(罪と報復の神)」を捨てて、「無条件の愛の神」を
     教えてくれる、勇気のある霊的な指導者はどこにいるだろう?

     あなたは、その1人になれるだろうか?

     霊的な指導者には、どんな人でもなれる。 これは、チャンス、挑戦だよ。

     あなたは、隠れていないで出てくる時だ。

     そうすれば、他の人達も勇気を出して同じ事をするだろう。

ニール  具体的には、どうすればいいのですか?

 神   おやおや、またくり返すのかね?

     まずは、『真の平和への5つのステップ』を実践することだ。

     公然と、こう認めればいい。

     「私たちが今やっている事は、もう上手くいっていない」

ニール  ここでの『新しき啓示』は、それぞれの人の心(魂)にある、それぞれの人の
     啓示へと繋がるでしょう。

 神   ここでの『新しき啓示』は、宗教にしない方がいい。

     そうではなく、「新しい啓示は可能だ」という、シンプルですばらしい真実を
     明らかにしなさい。

     その事によって、あなた方は、『真の人間性を明らかにする力』を与えられる。

     そして、真の人間性が明らかにされれば、それが『神性』であると分かる。

ニール  並々ならぬお言葉ですね。

 神   真実だよ。

     神の偉大な資質である「愛・共感・優しさ・受容・理解・創造する力」こそ、
     真の人間性だ。

ニール  でも、私たちはそうした人間性を発揮してきませんでした。

     どうして、そうなってしまうのでしょうか?

 神   さまざまな誤解・恐れ・しきたりが、あるからだ。

     思考・言葉・行為(創造の3大ツール)は、「愛」か「恐怖(不安)」のどちらかで
     生まれる。

     そして今までは、行動(創造)の支えとしては、恐怖が圧倒的に優勢だった。

     あなた方の「精神的な仕組み」と「社会的なしきたり」のほとんどは、
     恐怖を基盤にしている。

     あなた方は、何かから自分を守るために、そのような仕組みやしきたりを実行する。

     「倫理」は、間違いを犯す事や罰される事から、あなた方を守る。

     「正義」は、不当に扱われる事から、あなた方を守る。

     「所有」は、他人に奪われる事から、あなた方を守る。

     これらはどれも、長い目で見れば、守りとして機能しない。

     (この事の詳細は、少し前のページに書いてあります)

     それでまた、あなた方の苦闘(争い)がくり返される。

     争いの根源となっている、恐怖と誤解を捨てるまでは、苦闘が繰り返されるだろう。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る