暴力は、人間の本来の性質ではない
動物の行動は、意識レベルを示している

ニール  あなたは、「『適者生存』とか『人間はお互いに別々だ』との考え方により、
     地球上に破壊が蔓延している」と言います。

     でも、慈悲や共感も人々の心の中にはあります。

 神   もちろん、その通りだ。

ニール  すると、人間のどちらの性質が勝利を収めるか、ですね。

 神   違う!

     今までの対話で何度も言ってきたし、これからも言い続けるが、
     暴力性は「人間の性質」ではない。

ニール  しかし、私には人間が暴力をふるうのは、普通の事のように見えます。

 神   「普通」という事と、「本来そうだ」という事は、違う。

     暴力性は、人間の本質ではないが、「問題を解決するのに有効だ」という誤った
     幻想があるために蔓延して、それで人間の本質だと思われている。

ニール  でも、「生命の本質は暴力だ」と言う人がいます。

     自然界の暴力や、宇宙の暴力(星の爆発など)を見て、それが物事の本質だと言うのです。

 神   自然界の出来事と、意識的な創造とは、全く別の事だよ。

     生物の本能的な反応と、意識的な対応も、全く別の事だ。

     生命は、それぞれ異なるたくさんの意識レベルで、自らを表現している。

     意識のレベルが高くなるほど、自己決定の度合いは大きくなり、「自分とは何者か」
     についても壮大な考え方を選択・表現する。

ニール  混乱してきました。

     あなたは以前に、「『優劣が存在する』という考えは幻想であり、『他よりも優れている』
     との考えが世界を困難に陥れている」とおっしゃったではありませんか。

 神   意識のレベルが高いのは、優れているのではなく、ただ高いのだ。

     行動や在り方によって、生命は自らのレベルを明らかにする。

     動物の行動は、生命の本質を示しているのではなく、自分の意識レベルを示している。

     人間はかつて、「自分たちは神の最大の偉業であり、全ての動物を支配する存在だ」
     と宣言した。

     それは、人間の高慢のレベルを示している。

ニール  やれやれ、今でもそう教えている宗教がありますよ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る