在り方を変えることこそ、長続きのする変化を生む
世界に見たいと思う変化を、自分自身の在り方にしなさい

ニール  人々を動かすには、どうすればいいのでしょうか?

 神   人々は、「自分は無力だ」と思えば何もしない。

     「自分に何かが出来る」と信じられれば、人々は行動するよ。

     だから、人々に『何かが出来る』と納得させなくてはいけない。

     それから、『人々が想像しているよりも、変化は簡単にできる』と見せることだ。

     これを実現するには、まず1つの在り方を生み出し、その在り方から自然に生じる
     行動をとればいい。

     あなた方は長い間、「行動すること」で問題を解決しようとしてきた。

     だが、それでは長続きのする変化は起きない。

     『在り方』、これが答えだよ。

     『在り方』を変える事こそ、長続きのする変化を生む。

     あなたの『存在の仕方』が変われば、世界に変化を引き起こせる。

     だから、『存在の状態』を変える事を目指しなさい。

     最初に世界を変えようとせず、まず自分を変えようとしなさい。

ニール  世界を変えようとするな、とおっしゃるのですか?

 神   私は、「最初に世界を変えようとするな」と言ったのだよ。

     最初から世界を変えようと思っても、変えられはしない。

     まず自分を変えなければ、世界を変える事はできない。

     『自分の中で新しい結論を出し、その決定を生きること』

     この行為から始めなくてはならないのだ。

     この内的なプロセスは、あなたの周りの世界を変える。

     あなたが何者であるか、どんな存在であるかは、想像以上に世界に大きな影響を与える。

     あなたの内的なプロセスを他者と分かち合う時は、あなたの考え方を分かち合うのでは
     なく、『あなた自身の体験』を分かち合いなさい。

     そして、『彼らは彼ら自身の答えを知っている事』を教えてやりなさい。

     それから、「私の内的なプロセスや分かち合う情報は、世界に影響を及ぼすだろう」
     という期待は、捨てなさい。

     結果を求めてはいけない。

ニール  どうしてですか?
     結果が出てこそ満足できて、さらに前進できるのではありませんか?

 神   結果を求めていると、結果が出なければ欲求不満になり前進を止めてしまう。

     そうなれば、あなたは敗北する事になる。

ニール  では、どうすればいいのでしょうか?

 神   まず、『自分の努力や行動は、自己を実現するためである』と、明確に認識することだ。

     人生の目的は、「新たに最高の自分を創造すること」「真の自分を知って、それを体験
     すること」だ。

     これが進化であり、あなた方の喜びなのだ。

     あなた方の喜びは、より大きな自分自身を知ることだ。

     「他の人達の信念を変えさせたいから、自分の信念を変える」、というのはやめなさい。

     『自分の新しい信念が、自分をより正確に表すから』、この目的で信念を変えなさい。

     だが、あなたが変わった時に、周りの世界も変わる。

     それは、あなたが他者を変えようと思ったからではなく、逆に思わなかったからだ。

     人は、「変われ」と言われても、変わるものではない。

     権力者から命じられれば、一時的に表面的な変化をするかもしれないが、
     内側の真実は変わらない。

     従属は創造ではないし、自発的な創造だけが進化の行動だ。

     だから、世界を変えようとは思わないことだ。

     世界に見たいと思う変化を、自分自身の在り方にしなさい。

ニール  ガンジーは、それをしましたね。

 神   そう、彼はそれを示した。

     ガンジーはまず、ある在り方を達成した。 内から成し遂げたのだ。

     その次に、やっと外に向かう行動をした。

     彼は、行動の結果としてある在り方を獲得したのではない。

     彼の達成した在り方が、行動に反映されていたのだ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る