神とは、生命/人生のことだ 神について何を信じるかが重要だ

ニール  あなたは、「あなた方に必要なのは信念を変えること、特に神と生命/人生についての
     信念を変える事だ」と言います。

     しかし人々の中には、神を信じていない人もいますよね?

 神   神を信じていようがいまいが、どちらでもよろしい。

     誰でも生命/人生は信じているし、神と生命は同じものだ。

     『神は生命であり、生命は神』なのだよ。

     神は、生命エネルギーであり、生命は『物質化した神』だ。

ニール  では、生命を信じる事は、神を信じる事なのですか?

 神   そうだ。

     「生命は信じるが、神は信じない」というのは、「脳は信じるが、精神は信じない」
     と言うのと同じだ。

     脳は見たり触れたりできるが、精神は見たり触れたりできないから、存在を確信できない。

     だが、思考を可能にしているのは精神だ。 精神が無ければ、脳が存在する事さえ
     分からない。

ニール  それでは、世界を変えるためには、神を信じる必要はないのですね。

 神   その通り。 世界を変えるためには、生命/人生を信じてさえいればいい。

ニール  でも、神を信じる人の方が、一歩先んじているのでしょう?

 神   そうとは限らない。 それどころか、不利になるかもしれない。

ニール  神を信じる事が、不利になるとおっしゃるのですか?

 神   すべては、「神を信じるか」ではなく、「神について何を信じるか」によって違ってくる。

     神について何を信じるかで、生命/人生は大きく変わる。

     だから、『神について何を信じるか』が決定的に重要なのだよ。

(『新しき啓示』から抜粋)


新しき啓示 目次に戻る