甲状腺と甲状腺がんについて

(毎日新聞2013年4月22日から抜粋)

甲状腺は、のどぼとけの下にある小さな臓器です。

成人で、縦横4cmほどの大きさ。

甲状腺は、食物中のヨウ素を原料にして、甲状腺ホルモン(成長や代謝を促す)を作ります。

チェルノブイリ原発事故の後、子供の甲状腺がんが急増しました。
その数は、6000人と言われています。

すでに、『ヨウ素131を甲状腺が取り込むことで、がんになる事』が判明しています。

甲状腺がんは、女性の方が発症率が高く、中高年に多いです。

子供の患者は珍しく、通常だと「100万人に1人の発症率」とされます。

治療には、切除手術を行います。


原発は要らない 目次に戻る