日本の原発史D 野田内閣は世論の圧力を受けて、
30年代に原発をゼロにすると決める

(毎日新聞2013年4月8日から抜粋)

野田内閣に変わると、経産省のエネルギー調査会の24委員のうち、7人に脱原発派が起用されます。

「エネルギー環境の会議」の議論は、すべてがネット上で中継されて、視聴者のコメントも受け付けました。

その一方で、2012年6月には大飯原発を再稼動させます。

大飯原発の再稼動が決まった頃から、脱原発を求めるデモが大規模化しました。

7〜8月には、「エネルギー環境の会議」は過去に例のない「討論型の世論調査」を実施します。

その結果、「30年代に原発ゼロ」に支持が集まりました。

これを受けて、野田内閣は9月に、「30年代に原発ゼロが可能となるように、あらゆる策を
取る」とする『革新的なエネルギー環境戦略』を決定しました。

しかし、青森県・アメリカ・経済界から圧力を受けて、核燃料サイクルの廃止にまでは踏み込めませんでした。


原発は要らない 目次に戻る