2012年1月の、きくちゆみさん&広瀬隆さんの
福島原発事故の講演を聞いてA

ここからは、広瀬隆さんの講演の中で、私がメモをした事を書きます。

講演中の広瀬さんが原発推進者たちに怒りをむき出しにしていたのが、印象深いです。
情熱的な人でした。

○ 広瀬隆さんの講演から

東京新聞は、原発の情報を良く伝えている。

今回の原発事故は、津波が原因ではない。
原発は3分の2の熱を海に捨てている。この熱を海に逃がせなくなると、メルトダウンになる。

原子炉建屋とタービン建屋は別になっているので、別々に揺れ、間の配管が壊れてしまった。
(それによりメルトダウンになった)

田中三彦という原発研究者がつき止めたのだが、福島原発では300℃/70気圧が基本だ。

官邸の公開したデータによると、12日(事故から半日後)には8気圧になっている。
これは地震後に、すぐに燃料棒が露出した事を示している。

つくば(茨城)でテクネチウムが見つかった。これは福島から来た。

プルトニウムは、テクネチウムよりも1000℃以上も沸点が低い。
という事は、プルトニウムも広く拡散してしまったという事だ。

原子炉内は4000℃以上になり、プルトニウムなどはガス化して拡散した。

3月12〜17日に大量の放射性物質が出た。主に東に流れていった。
その後に3号機(プルサーマルの原子炉)が爆発した。

1号機と3号機では爆発の質が違う。アーノルド・ガンダーセン氏が、ネットの動画で解説している。

3号機は、爆発時に黒いものが出た。黒いものは燃料棒が気化したもの。
3号機には使用済み核燃料プールがある。その核燃料で臨界爆発が起こった。

3月15日の午前6時頃に、4号機の使用済み核燃料プールで水素爆発が起きた。
それにより原子炉建屋が吹き飛んだ。

東電は11月から、4号機は3号機から流れた水素で爆発した、と嘘をついている。

結論としては、4号機はわずか500ガルの振動で配管が壊れ、爆発が起こった。
これを東電は認めたくないのだ。

地震直後に配管がやられた事が、証言によって分かり始めてきた。
事故の原因は配管だったのだ!

11月に国会の調査委員会がスタートし、田中三彦氏も入った。

福島県議会は10月20日に、第一・第二原発の廃止を議決した。知事もそれを受け入れた。

10月11日には、東海村は廃炉の請願書を細野大臣に提出した。

2007年の中越地震の時に、柏崎原発はメチャクチャになり、メルトダウン寸前になった。

原子炉のたくさんの配管を全て強化するのは、無理。

原発事故から2ヶ月経った5月15日に、東電はメルトダウンをやっと認めた。

メルトダウンをしたのに、冷温停止はあり得ない。

12月になって保安院も、津波原因説に疑問をつけた。

放射能は海に流れていない、とされているが、実際は放水していたため海にガンガン流れていた。

10月20日に朝日新聞は、地下水に汚染水が流れ込んでいる事を報道した。

海洋汚染は、8月5日に北海道南岸に達した。東にどんどん流れていっている。
もうすぐハワイに着く。

事故処理の現場では、(本当にヤバイ作業の場合は)10分働いて20万円が支払われている。

燃料棒が溶けて落ちた時に、数千度になっていたために、下のコンクリートは溶けたはずだ。
コンクリートで燃料が止まっているという話は嘘である。

2号機は底が抜けているので、今一番危ない。

今年(2012年)の1月に入って、ヨウ素とセシウムが急増している。

東電は、中性子を計れないと言っている。中性子を計れないと、再臨界を探知できない。

4号機は建物がボロボロになっている。
ここに地震があると、プールが壊れて原子爆発してしまう。

今回以上の津波は過去にたくさんあり、国内最大は石垣島の高さ40m。世界最大は520m。

今回の震災では、福島第二原発、東海村原発、女川原発もすごく危険だった。
あと一歩でメルトダウンになるところだった事が分かった。

1977年の西ドイツでの再処理工場の事故シュミレーションでは、西ドイツの人口の半分がすぐに死ぬ、との予想となった。
それ位に再処理工場は危険なもの。
これを知った事が、私の活動のきっかけになった。

浜岡原発は、沖が遠浅になっており、高い津波になる構造になっている。

3月11日の津波では、300tの防波堤でも壊されてしまい、140tの巨石も流されてしまった。

桜島は3年前から、噴火の数が過去最高を更新している。私はもうすぐ大地震が来ると予想している。

8月18日に新聞は、甲状腺の被曝を福島の子供の45%がしたと報道した。

ECRRは3月30日に、『100km圏内では、10年の間に10万人以上がガンになる』と予測した。
これは内部被爆を考慮していない。アメリカの助教授は100万人超になると予測した。

1キュリー=370億ベクレルだ。シーベルトなどの数字は信用できない。被曝者の声を聞くべきだ。

1平方kmあたりに1キュリー以上は、住んではいけないとされる。
これは、1kgあたりに370ベクレルのものを10cmの厚さで敷きつめた状態だ。

ベラルーシでも飲料水は10ベクレル。日本は200ベクレルと20倍の基準値になっている。
今食べている500ベクレル基準の食品は、放射性廃棄物のレベルだ。

しばらく前の牛肉の高ベクレル検出は、稲わらのせいとされたが、実際は水や空気からも被曝をしたはずだ。
この時の牛の内臓は、捨てずに全部を関西に運び、ホルモン焼きにして全て食べさせたと聞いた。

福島産は偽装をされて、別の生産地にして出荷され始めている。別冊宝島に詳しく書かれている。

放射能が1000分の1になるには、半減期の10倍かかる。

ベラルーシは4年後に白血病が増えて、100万人が移住した。

α線(プルトニウムなど)は紙で止められる(体内に入るとやばい)。β線は金属で止められる。
中性子線は一番止められない。

3月21日に、キセノンが全世界でチェルノブイリ事故の1.5倍も拡がったのが分かった。

きのこ類はセシウムを吸い上げるため、濃度が高くなる。
だが、今はベクレル表示をしていない。

全ての食品について、ベクレル表示をするべきだ。

東電は電力の供給力を波グラフで発表しているが、供給力が波になるはずはなく、
それは(電力不足になるという)脅しである。

講演メモは以上です。

広瀬さんは、事故の原因は津波ではなく、配管が壊れたためだと力説していました。

「配管の損傷が原因だと東電の責任になるため、津波のせいにした」と言っていました。

真相の解明のためにも、徹底的な情報開示と事故の検証が必要です。
それをしないと、事故で亡くなった人や、未だに避難している人や、被曝をし続けている国民みんなが報われないです。

私は、『東電は一回破産・倒産させて、一から組み立てなおす方がいい』と、ずっと思っています。

政府やメディアは、「セシウムを調べており、食品の安全は確認されている」と言いますが、セシウムは数ある放射性物質のうちの1つでしかなく、他の放射性物質についても調べないとあまり意味がありません。

「調べるのが大変だから、やらない」という事のようですが、無責任そのものですね。

福島の人々は、もっと怒ったほうがいいです。人間は、怒りをエネルギーにして活動する事が必要な時もありますよ。

(2012年10月25日に作成)


原発は要らない 目次に戻る