福島原発の井戸で、高濃度の汚染水が検出された
海に漏れている可能性が大

(毎日新聞2013年7月11日から抜粋)

福島第1原発の敷地内で、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水が、検出され続けています。

汚染水は、海から30m以内にある、複数の井戸から検出されています。

最高値は、1リットル当たりで、トリチウムが60万ベクレル、ストロンチウムなどのベータ線を出すものが90万ベクレル、セシウム134が1.1万ベクレル、セシウム137が2.2万ベクレルです。

東電は、「建屋から漏れているのではない。11年4月に漏れた汚染水の一部が、地中に残留していたのだ。環境への影響はない。」と主張しています。

規制委員会は、「東電の見解には疑問がある」とし、建屋から漏れている可能性もあると見ています。

田中俊一委員長は10日に、「海洋汚染は続いている」と述べました。

汚染水は、建屋に地下水が流入し続けているために、毎日400トンづつ増えています。

○ 汚染水の検出の経過

6月3日   既設の井戸から、1リットル当たりで50万ベクレルのトリチウムと、
       1000ベクレルのストロンチウム90を検出

6月24日  港湾内の海水で、トリチウム濃度が上昇

7月2日   新設井戸@から、ストロンチウムなどのベータ線系の放射性物質が、
       1リットル当たりで4000ベクレルを検出

7月5日   新設井戸Aから、ストロンチウムなどのベータ線系の放射性物質が、
       1リットル当たりで90万ベクレルも検出

7月7日   新設井戸@から、60万ベクレルのトリチウムを検出

7月10日  新設井戸Aから、セシウム134が1.1万ベクレル、セシウム137が
       2.2万ベクレルを検出
       規制委員会は、「海洋への拡散が、強く疑われる」と説明する

○ 村本のコメント

この汚染水は、まず間違いなく海に漏れ出ていますよ。

濃度の高さに驚かされますね。
1リットル当たりで、何十万ベクレルという値は、飲んだら短期間で死ぬレベルです。

東電は「建屋からの汚染ではない」と言っていますが、私は建屋からはずっと放射性物質が
漏れ続けているのだと思います。

核燃料が溶けており、格納容器に損傷がある(穴が開いている)のですから、『溶けた核燃料は地中に入り込み、付近の地中はとてつもない汚染状態』なのだと思います。

国民の健康を考えるならば、『福島沖での海産物は、当面は食べるのを全面禁止する』のがベストだと思います。

しっかり補償をした上で、漁業関係者にそれを通達した方がいいと思います。


原発は要らない 目次に戻る