2号機では核分裂が起きていると判明

(毎日新聞2011年11月3日から抜粋)

福島原発の2号機の格納容器内で、キセノン133とキセノン135が検出されました。

原子力安全・保安院は、「核分裂反応が起き、キセノンが発生した可能性は高い」と話します。

さらに、「1号機と3号機でも、同様の核分裂反応が起きている可能性がある」と言う。

東電は、2号機の格納容器内の空気を採取して測定した結果、キセノン133とキセノン135を、それぞれ1立方cmあたり10万分の1ベクレルで検出しました。

翌日にも採取して測定したが、キセノン135を検出した。

東電は、「2回検出されたので、核分裂の可能性は高い」と説明する。

ただし、圧力には変化はなく、核分裂をくり返す「臨界」の可能性は否定しました。

2号機では、8月の調査でもキセノン発生の可能性が示されたが、詳しい測定はしていませんでした。

保安院は、「局所的な臨界が起きたかも含めて、確定していきたい」と述べています。

キセノンは、ウランなどが核分裂すると生じる、半減期の短い物質です。

一時的に小規模な臨界が起きても、危険な状態にはなりにくいが、安心は出来ません。

核分裂の原因を突き止める必要があります。

東電は、臨界を防ぐためにホウ酸水を注入したが、入念な調査が必要です。

今回の検出は、10月末に稼動した「格納容器内のガス管理システム」で調査した結果です。

こうした測定は初めてであり、以前から核分裂が起きていた可能性もあります。

1&3号機は、まだ調査もされていません。

測定システムでは、中性子を検出できる計測器も設置してほしい。
中性子は、臨界を調べるための直接的な指標となります。

政府や東電は、「冷温停止」を宣言しようとしています。

冷温停止とは、容器内の温度が低く管理されている事です。

しかし、容器底部の温度が100度未満でも、核分裂が起きているなら、原子炉は安定しているとは言えません。

1〜3号機は、溶けた核燃料が何処にあるのか分かっていません。


原発は要らない 目次に戻る