福島原発事故@
事故によって原子炉で起きたこと 事故後の対応

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

福島第一原発の事故の原因は、いたって単純です。

発電所が停電し、原子炉を冷やすための水をポンプで送れなくなったのです。

(稼働中の原子炉は、冷やさないとどんどん温度が上がっていきます)

津波によって送電網と非常用発電機が使えなくなり、電源車を接続するポイントも水没しました。

東電は思案のあげく、消防用のポンプ車を連れてきて、海水を注入することにしました。

海水を入れると、その原子炉は2度と使えなくなります。
そのために福島原発の所長は、東電の社長に決断を仰ぎました。

1号機への注水が始まったのは、12日の早朝です。

注水までに10時間以上も空焚きの状態となり、燃料の大部分が溶け落ちてしまいました。

事故が大惨事になったのは、この判断の遅れが大きな原因です。

2011年5月12日に、東京電力は、『1号機の圧力容器に水がほとんど溜まっておらず、高熱で燃料棒の大半が溶融したこと』を、初めて認めました。

いわゆる「メルトダウン(炉心溶融)」を、事故の2ヵ月後にようやく認めたのです。

これは、圧力容器の底に穴が開いてしまい、注入した水や溶けた核燃料が、格納容器に
流れ落ちている状態です。

燃料棒の露出が続くと、過熱によってそれは溶融していきます。

2号機と3号機も、圧力容器の水位は回復せず、圧力容器が破損していると考えられます。

特に3号機は、11年5月にも圧力容器の温度が上昇し、一進一退の攻防が続きました。

東電は、2011年5月12日まで1号機のメルトダウンを認めず、
「燃料棒の55%が損傷している」と言い続けていました。

「2号機の燃料棒は35%、3号機の燃料棒は30%が損傷している」と発表していますが、これも疑わしいです。

(その後、2号機と3号機でもメルトダウンが起きていると判明しました)

圧力容器の外側には格納容器がありますが、圧さ3cmの鋼鉄でできた格納容器は、
1400〜1500度で溶けてしまいます。

(このため、溶けた燃料は格納容器をも溶かし、さらに下のコンクリートや地面に
 めりこんでしまいました)

格納容器に水を注入して、圧力容器ごと水没させる冷却方法を、『水棺方式』といいます。

しかし格納容器に損傷があれば、この方法はそもそも不可能です。

1〜3号機の格納容器に損傷があるのは明らかなので、汚染水が漏れてしまうし、
大量の水を入れることを前提にして設計していないので、新たな損傷が生じる恐れもあります。

2011年4月末に、1号機の水棺作業が始まりました。

しかし、必要とされる7400トンの水を入れても、水位は上昇しませんでした。
水が漏れているのは明らかです。

5月14日には、1号機建屋の地階で、3000トンの汚染水が確認されました。

多くの研究者は、「とにかく循環冷却システムの構築を急ぐべきだ」と主張してきました。

原子炉を水で冷却するならば、水を循環式にして、途中に熱交換器を置いて熱を逃がさなければいけません。

「やるならこれしかない」と思っている方法が、1つあります。

圧力容器に水を入れると、水は漏れて格納容器の底に付いている「圧力抑制室」に流れ込むはずです。

そこで、圧力抑制室から水を吸い上げて、圧力容器に戻すループを作るのです。

大変に異常なループですが、思いつくとしたらそのアイディアしかありません。

1号機に関しては、核燃料が格納容器の下のコンクリートを溶かして、地下にめり込んでいる状態です。

ですから、もう循環式の冷却は無理です。

建屋全体を覆い、地中にも障壁を作るしかないでしょう。

核燃料が地下水と接触すれば、海にすさまじい汚染が広がります。

核燃料が溶け落ちて、圧力容器に溜まっている水と接触したら、水は急激に熱せられて沸騰し、『水蒸気爆発』を起こします。

水蒸気爆発が起これば、圧力容器やその外側の格納容器は吹き飛びます。

そして、大量の放射性物質が外に噴き出します。

原発は、「ウランの核分裂反応」で出るエネルギーを使います。

ウランは、「燃料ペレット」という小指の先くらいの小さな瀬戸物に焼き固められ、
直径1cm長さ4mほどの細長いサヤの中に、400個ほどが収められます。

これが「燃料棒」と呼ばれるもので、それを数百本も束ねて、炉心に入れていきます。

非常事態になったら、炉心に「制御棒」を差し込んで、核分裂反応を止めます。

しかし、すぐには安全な状態になりません。
なぜなら、「崩壊熱」があるからです。

「崩壊熱」とは、核分裂によって生み出される放射性物質が出すエネルギーで、
原発のエネルギーの7%を占めています。

崩壊熱は、放射性物質が存在するかぎり止められず、冷やし続けないと燃料は溶けていきます。

プルトニウムは、本来は燃料ペレットに溜まるのですが、ペレットが溶けてしまうと
外に放出されます。

ペレットは2800度くらいにならないと溶けません。

プルトニウムの検出は、炉心が2800度以上になった事を意味します。


原発は要らない 目次に戻る