福島原発事故 その他(メモ的なもの)

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

核燃料が溶け落ちて、圧力容器に溜まっている水と接触したら、水は急激に熱せられて沸騰し、『水蒸気爆発』を起こします。

水蒸気爆発が起これば、圧力容器やその外側の格納容器は吹き飛びます。

そして、大量の放射性物質が外に噴き出します。

原発は、「ウランの核分裂反応」で出るエネルギーを使います。

ウランは、「燃料ペレット」という小指の先くらいの小さな瀬戸物に焼き固められ、
直径1cm長さ4mほどの細長いサヤの中に、400個ほどが収められます。

これが「燃料棒」と呼ばれるもので、それを数百本も束ねて、炉心に入れていきます。

非常事態になったら、炉心に「制御棒」を差し込んで、核分裂反応を止めます。

しかし、すぐには安全な状態になりません。
なぜなら、「崩壊熱」があるからです。

「崩壊熱」とは、核分裂によって生み出される放射性物質が出すエネルギーで、
原発のエネルギーの7%を占めています。

崩壊熱は、放射性物質が存在するかぎり止められず、冷やし続けないと燃料は溶けていきます。

プルトニウムは、本来は燃料ペレットに溜まるのですが、ペレットが溶けてしまうと
外に放出されます。

ペレットは2800度くらいにならないと溶けません。

プルトニウムの検出は、炉心が2800度以上になった事を意味します。

事故後にはずっと水を注入しているので、汚染水が敷地内や建屋のあちこちに溜まり、
作業員を被曝させています。

汚染水の量はたまる一方です。

2011年5月14日には、1号機の建屋内で、毎時2000ミリシーベルトの放射線量が計測されました。

その場に4時間いたら、死亡する危険のある数値です。

事故の前までは、原発作業員の被曝限度量は「年間100ミリシーベルト」と定められていました。

ところが、事故後に250ミリシーベルトに引き上げられました。

限度量に達した作業員は、1年間は原発で働くことができなくなります。

汚染された土の除去では、「除去した土をどう処理するのか」という問題があります。

放射能で汚染されたゴミの問題は、深刻です。

それを解決する唯一の方法は、『放射能の墓地』を造ることしかありません。

どこに造るかと言えば、福島第一原発の周辺です。

周辺地域は、将来にわたって無人地帯にせざるとえない状況です。

住民の皆さんは元に戻れないし、すぐに戻れるような期待を抱かせる方が残酷です。

よく「汚染された農地は、再生可能なのでしょうか」との質問をいただきます。

私は、再生できないと思います。

セシウム137は、半減期するまでに30年かかります。

それに、農地では表土こそが豊かで必要不可欠なので、汚染された表土をはぎ取るのは致命的です。


原発は要らない 目次に戻る