チェルノブイリ原発事故について

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

チェルノブイリ原発は、4つの原子炉があり、そのうち4号機が事故を起こしました。

4号機は、停止をしようと操作し、止まる寸前で核暴走が起きました。

そして建物が吹き飛び、大量の放射性物質が外に噴き出したのです。

事故後に駆けつけた所員と消防員たちは、重度の被曝を受けた31人はすぐに死亡しました。

彼らの遺体は、鉛の棺に入れられ、墓も隔離されています。
遺族は、墓に近づく事は出来ません。

事故処理のために、数年にわたって累計60万人が動員されました。

作業員たちは、鉛のスーツを着て活動しました。少しでも多く放射能を防ぐためです。

放射性物質が風で飛んでいかないように、ヘリコプターや車両で「飛散防止剤」が撒かれました。

作業に使ったヘリや車両は、汚染されたので原発近くに打ち捨てられました。

原発のあったウクライナは、ソ連の40%の穀物を供給するほどの豊かな大地でした。
その大地が、汚染されました。

この事故で放出された放射能は、広島原爆の800発分です。

チェルノブイリ周辺の住民は、30km圏内の13.5万人がバスに乗せられて強制避難をさせられました。

ソ連政府は、「原発でちょっとトラブルが起きた。3日分の手荷物を持ってバスに
乗りなさい」と命じ、住民たちはそれだけを持って自宅を離れたのです。

その後に、300km以上も離れた場所でもひどい汚染が発見され、さらに二十数万人が
強制避難をさせられました。

チェルノブイリ事故の時は、日本にも沢山の放射性物質が飛んできました。

私(小出裕章さん)の職場である京都大学・原子炉実験所でも、事故から1週間後に
検出されました。

半月後には100分の1に減りましたが、その1週間後には10倍近くまで再増加しました。
これは、風に乗った放射性物質が、地球を1周して日本に戻ってきたのでした。

日本政府は、2011年4月に、「福島原発から出た放射能は、チェルノブイリの10分の1だ」と発表しました。

しかし、その後も新たな汚染が続き、どうなっていくかは誰にも分かりません。

福島では、事故を起こした原子炉が3基もあり、大量の使用済み核燃料もあります。

チェルノブイリ4号炉は停止寸前だったのに、福島では普通に稼動していたという違いもあります。

私たちは、「10分の1」という情報に安心してはいけません。

福島原発の事故では、北西40kmに位置する飯館村で、チェルノブイリ事故では強制移住
させられた地域を上回る汚染が検出されました。

それなのに日本政府は、1ヵ月も住民を放置したままでした。

(原発の真実 小出裕章著から抜粋)

格納容器は、放射能の拡散を防ぐ最後の砦です。

チェルノブイリ事故では、格納容器が壊れました。

そして、『日本の本州の6割にあたるエリアを、放射線の管理区域にしなければならない汚染』が生じたのです。


原発は要らない 目次に戻る