福島原発事故B
政府は事故の後に、被曝限度量を引き上げた それが意味すること

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

福島原発の事故後に、私が原発から2.4kmの地点で放射線を測ったところ、測れないんです。

汚染が強すぎたからです。

事故の前は、日本では国民の1年間の被曝限度量は、『1ミリシーベルト』でした。

年間1ミリシーベルトという基準は、「1万人に1人が、がんで死ぬ確率」の数値です。

日本政府は、事故をうけて『20ミリシーベルト』に基準を引き上げました。

20ミリシーベルトならば、「500人に1人が、がんで死ぬこと」になります。

「それは我慢してくれ」というのが、今の法律なのです。

年間20ミリシーベルトというのは、原発作業員が白血病を発症した場合には、労災認定を受けられるレベルです。

文部科学省は2011年4月19日に、福島県内の学校の「安全基準」について、
「年間20ミリシーベルトの外部被曝」を基準として、「3.8マイクロシーベルト」を提示しました。

市民団体や日弁連や科学者が撤回を求め、政府部内ですら内閣官房参与の小佐古敏荘さんが
「自分の子供にそれはできない」と抗議の辞任をしました。

この「3.8マイクロシーベルト」には、内部被曝は含まれていません。

原発作業員の被曝限度量は、事故前の100ミリシーベルトから、250ミリシーベルトに引き上げられました。

それまでの100ミリシーベルトは、『被曝による急性障害が出てくるライン』とされています。

つまり、250ミリシーベルトへの引き上げは、「急性障害が出たとしても我慢してくれ」という事を意味します。


原発は要らない 目次に戻る