地震大国の日本には、原発は適していない

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

そもそも、「地震大国」の日本には、原発は適していません。

アメリカには100基を超える原発がありますが、大地震の可能性のある地域は避けて建てられています。

150基の原発があるヨーロッパは、ほとんど地震が起こりません。

地震多発地なのに原発をたくさん建てているのは、日本だけです。

このような無謀な行為を後押ししてきたのは、「地震の専門家」たちです。

彼らは、「日本には地震に対する高い知識があるから、大丈夫だ」と言ってきました。

ところが、阪神・淡路大地震や、東日本大震災で大きな被害が出ると、
「予想を超える揺れだった」と言うばかりです。

これまで政府や電力会社は、「起こりうる原発事故について、安全審査で厳重に評価している」と宣伝してきました。

しかし彼らの想定では、「安全装置は必ず有効に働き、格納容器は決して壊れない」という仮定になっていたのです。

そういう前提だったので、事故後の環境汚染や住民の被曝は、考慮されていませんでした。

ですから、広域避難の計画もなく、すぐに避難させられないので「ただちに健康に影響はない」と言うしかなかったのです。

2011年4月下旬にマスコミの取材で、全国の原発に配備された非常用電源の容量は足りておらず、「いざという時には、ほとんどの原子炉は冷やせない」と判明しました。

各電力会社は、非常用電源を準備して「うちは大丈夫です」と言いましたが、
それらは原発を止めないための嘘だったのです。


原発は要らない 目次に戻る