浜岡原発
予想される東海大地震の震源地域にあり、とても危険

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

日本の原発でひときわ危険なのは、「浜岡原発」です。

今、いちばん警戒しなければいけないのは「東海大地震」ですが、静岡県の浜岡原発は
その想定震源域のど真ん中に建っているのです。

歴史的に見て、東海地方には100〜150年周期で巨大地震が起きています。

ところが安政の大地震から、150年以上も巨大地震が起きていません。

世界中の地震学者が、「いつ起きても不思議ではない」と見ています。

東海大地震の予想されるマグニチュードは、8〜9です。

2011年5月6日に、菅直人首相は、浜岡原発の全停止を要請しました。
東海地震を恐れての措置でした。

浜岡原発には、福島原発と同じように、大量の使用済み核燃料が保管されています。
大地震が起きたら、燃料プールが崩落する危険があります。


原発は要らない 目次に戻る