高速増殖炉「もんじゅ」

(原発のウソ 小出裕章著から抜粋)

高速増殖炉「もんじゅ」では、冷却には水は使えません。

そのため、「ナトリウム」で冷却をします。

ナトリウムは、「水に触れると爆発する」「空気に触れると火災を起こす」という物質です。

もし大地震などで配管が破れたら、大火災になります。

火災になっても、福島原発の事故時のように水をかける事はできません。
水をかけたらナトリウムと反応して、大爆発が起きるからです。

もし「もんじゅ」で大きな事故が起きたら、何の対処もできないまま破局を迎えるでしょう。


原発は要らない 目次に戻る